ドキドキのひげ脱毛1回目を湘南美容で 痛みは? 赤みは?【写真つきレビュー】

2018年10月25日

青ひげよサラバ!

青ひげが気になる30代男性が脱毛をしてツルツルの肌を手に入れようとする企画の第6弾。

前回は、美容医療を全国的に展開する湘南美容クリニックでひげ脱毛のカウンセリングを受けた模様を詳しく書きました。

【ひげ脱毛】湘南美容クリニックでのカウンセリング内容を徹底レポート

このカウンセリングがとても良かったので、早速、湘南美容クリニック新宿南口院で施術を受けました

そこで今回は、湘南美容クリニックでのひげ脱毛1回目の模様をレポートします。

結論から言えば、驚くくらい楽に受けられました。痛みが少なくて、全く感じない瞬間もあった。滞在時間は35分で、体感としてはすぐに終わった

以前にエステサロン「メンズTBC」で美容電気脱毛(ニードル脱毛)を受けてその痛さからびくびくしていたぼくは、とても安心しました。

これなら余裕で続けられるな、と思いました。

では、当日の流れから書いていきますね。


ひげ脱毛1回目の簡単な流れ

1、受付で同意書にサイン、会計をする
2、待合スペースのソファに座って待つ
3、担当看護師に呼ばれ、施術スペースへ
4、施術を受ける
5、施術を受けたら受付に寄らず、そのままクリニックを後にしてOK

施術時間は20分ほど、クリニックに入ってから出るまでの時間は35分ほど

来院から会計まで、院内の雰囲気は

ぼくがひげ脱毛の施術を受けようと湘南美容クリニック新宿南口院に行ったのは10月9日(火)午後5時。

新宿南口院は2017年6月にオープンした湘南美容グループの中では新しいクリニックで、院内はきれい。清潔感があります。

雰囲気はこんな感じ。

院内の様子とクリニックまでの写真付き案内図

クリニックに入ると奥に受付があるので向かい、そこで施術に関する同意書にサインをし、先に会計を済ませました。

ぼくが選んだプランは「ひげ(上口ひげ、あご、あご下)」の6回コース(2万9800円)。選んだ機器は痛みが少ないと言われる「ウルトラ美肌脱毛」

一度コースを組むと途中で機器の変更はできないので、少なくとも6回はウルトラ美肌脱毛で施術を受けることになります。

機器の特徴については前回の記事に書いたので興味があれば読んでみてください。

【ひげ脱毛】湘南美容クリニックでのカウンセリング内容を徹底レポート

湘南美容クリニックではカード払いもOKなので、ぼくはよく使っているAmerican Expressを利用しました。

なお、VISAとMastercardは分割払いが可能ですが、JCBとAmerican Expressは分割払いに対応していないので、一括払いになります。

ぼくはカウンセリングを受けた際にもらった1万円のサービス券を利用したので、費用は1万9800円

院内にはカウンセリング時と同様にやはり女性の患者が多かったですね。この日は女性が4人、ぼくを除いて男性が1人待合室にいました。

診療科目の特性からか、このうち3人はマスクをしていました。

ソファに座って待っていると5分もせずに入口から見て左手の部屋から看護師が現れて、ぼくの持つ番号を呼びました。

いざ入室。

施術開始から終わりまで

施術スペースは、一つの広い室内をカーテンで細かく区切ることによって作られていました。

一つの施術スペースは広くはなく、診療台と機器があり、残りは人2人が立てばいっぱいくらいの余地。

こんな感じです(イメージ写真)。

簡単な施術の流れ

簡単な施術の流れは以下の通りです。

1、アイマスクをつけて、専用のジェルを口周りに塗ってもらう

2、あご→上口ひげ→あご下の順に機器を照射していく

3、炎症止めのクリームを塗って終了

看護師の方にお願いして、施術前後の写真を撮ってもらいました。

さて、ベッドに寝たらまずアイマスクをつけられます。これは機器の光が直接目に入らないようにするため。

アイマスク越しでもまぶたに光を感じましたから、けっこう強い光が照射されているんでしょうね。

専用のジェルを塗ってもらうとすぐに施術が始まります。

「では始めますね」(看護師)

緊張の一瞬。

機器があごの下の方に当たる感覚があり、ピと音がしました。

照射は既にしているようですが…あれ、チクリとした程度。

痛くない! と感動したのもつかの間でした。

ウルトラ美肌脱毛は機器を滑らせるように照射していくので、あごの部位で言えば、あごの下の方から上の方、つまり下唇に向かって移動させていきます。

最初はチクッとした程度でしたが、機器が移動するにつれて熱い感覚が強まり、さらに痛みも強くなっていきました

我慢できないほどではなく、ニードル脱毛に比べれば弱いわけですが、熱くて痛い

もう一度、同じ方法で機器を滑らせてもらいましたが、やはり移動距離が長くなるほど熱感と痛みを感じました。

耐えられないほどではないんですが…。

そこで看護師の方から照射方法について提案が。

機器を滑らせていくと光が分散して一度に反応する毛が増えるそう。そのために痛みを感じやすくなっているのかもしれないとのことでした。

滑らせずに機器を止めて照射をして、終わったら機器を少し移動してまた止めて照射をする。これを繰り返してみましょうかと。

機器を滑らせる方法に比べて照射漏れが起きる可能性が高くなるのではないかと聞くと、「丁寧にやれば大丈夫」とのことだったのでお願いしました。

すると、全く痛みを感じないようになりました

チクリとした感覚があったかどうかも思い出せないほど。

鼻下とあご下についても同じように痛みはおろか違和感もなく、何も感じないまま終わりました

すごい楽!

それに、施術中は看護師の方が常に声をかけてくれたので気が紛れましたね。

施術を受けながらぼくの方からも気軽に質問したり希望を伝えたりできたので良かったです。

施術後の写真。炎症止めのクリームを塗ってもらったので少しテカテカしてます。

1度の施術における減毛率はおよそ10%で、効果自体も施術して3~4週間後に現れるそうなので、当然ながら変化はありません。

2度目、3度目と施術の度にブログ記事を通して変化を記録していく予定で、写真も都度アップしていこうと思います。

施術後に赤みなどの症状は起きたか?

赤みや熱感、かゆみ、乾燥といった症状が現れる場合があるとのことでしたが、写真を見てもらってもわかるように、変化はありませんでした

前にニードル脱毛を受けたときは鼻下に赤みが出たので、それくらいは覚悟していましたが、見た目に変化はなし。

感覚的にはあご下が少しヒリヒリしましたが、それも15分後には弱まり気にならなくなりました

まとめ

ひげ脱毛は痛いのか?

「ひげ脱毛って痛いって聞くよね」と友人から言われたり、「びげ脱毛はちょー痛かった!」ってブログに書かれてあったり。方や医療機関は「痛みは少ない」と言う。

情報が錯そうしていたわけですが、今回の施術によって自分なりの結論を出せました。

「ひげ脱毛は、機器と照射の方法によって痛みを感じずに楽に受けられる」

湘南美容クリニックでウルトラ美肌脱毛を選び、機器を滑らさずに止めて照射してもらえば。

ひげ脱毛は医療機関にふらっと寄って、さくっと受けて帰られるものだということがわかったので、これから気楽に続けていこうと思います。

おっけ。

さらば青ひげ! めざせ、ツルツル肌!